ごあいさつ

東京・神田の岩本町で明治初年に菓子問屋をしていた坂倉伊之助が明治二十四年、当時、軍港として都市化してきた横須賀に着目し「金ちゃん」の名で菓子製造販売を始めたのが最初です。
はじめの頃は今の場所と道一つへだてたところにありましたが、昭和四十五年、京浜急行横須賀中央駅前の広場が完成したのを機会に現在の地へ移ってきました。
戦時中は横須賀の海軍や陸軍に和菓子を納入、坂倉の和菓子は当時の兵隊さんたちに大いに喜ばれました。
看板商品の角なしさざゑ最中の製造を始めたのは戦後まもなくになります。今では神奈川県指定銘菓となっています。
これからも、伝統に基づく和菓子をお客様にお届けし続けてまいります。

沿革

明治二十四年
1891年
初代坂倉伊之介が横須賀市若松町に和菓子屋(金ちゃん)を創業する
大正四年
1915年
2代目坂倉安太郎が坂倉商店と改号
昭和十八年
1951年
3代目坂倉等が有限会社坂倉本店設立
昭和二十五年
1950年
角なしさざゑ最中 神奈川県指定銘菓に認定
昭和四十五年
1970年
現在の横須賀中央駅前店に移転
昭和六十一年
1986年
4代目坂倉暢男就任
昭和六十三年
1988年
有限会社さかくら総本家に社名変更
昭和六十三年
1988年
北久里浜店 開店
平成元年
1989年
5代目坂倉五佐男就任
平成三年
1991年
武山店 開店
平成十八年
2006年
6代目坂倉真人就任

会社概要

会社名 有限会社 さかくら総本家
代表取締役社長 坂倉真人
創業 1891年
事業内容 和洋菓子製造販売
店舗 横須賀中央駅前、北久里浜、武山


PAGE TOP